歯を残したい(根管治療)

歯をできる限り残しましょう~根管治療~

歯をできる限り残しましょう~根管治療~

虫歯は細菌がだす酸によって、歯の表面が徐々に溶かされていく病気です。進行するとやがて菌が神経にまで達し、そのまま放置しておくと抜歯が必要になります。症状が悪化した虫歯の抜歯を避けるために行うのが、「根管治療」です。こちらでは、大和市大和駅徒歩5分の歯医者「よりおかガーデン歯科クリニック」が、根管治療についてご紹介します。

歯を残すための根管治療

歯を残すための根管治療

歯はお口の中だけでなく、全身のバランスを左右する大切な存在です。1本でも失ってしまうと、健康に悪影響をおよぼしかねません。大切な歯を残すためにも虫歯が進行してしまった場合は根管治療を受けましょう。

根管治療は、細菌に冒された神経や血管を歯の根の管(根管)から抜き取り、きれいに消毒したうえで薬剤をつめてフタをします。「根管治療」には高度な技術が必要とされますが、当院では、経験豊富な歯科医師が拡大鏡を使用して治療にあたりますので、安心して治療を受けていただけます。

拡大鏡を使用するメリット

拡大鏡を使用するメリット

歯科治療は非常に繊細な作業をともないます。指先をしっかりと確認しながら治療する必要があり、細かく入り組んだ歯の神経は、肉眼だけでは見えにくい部分があります。そこで当院では、治療に拡大鏡を採用。高度な治療を行う際には、肉眼の2~5倍の倍率で患部を確認しながら作業を行えます。

拡大鏡にはヘッドライトもついており、視認性と治療の精度が向上。根管治療においても正確な治療を行えます。

根管治療には根気が必要

根管治療には根気が必要

根管治療は神経の除去や清掃、消毒、薬剤の充填といった、多くの手順を必要とする複雑な治療です。奥歯は根管自体が曲がっているために、治療に時間がかかるケースもあります。そのため回数をかけて丁寧に処置し、細菌や汚染物質を完全に取りのぞかなければなりません。根管治療は、歯の土台を確かにするための、基礎工事のようなものです。あとで後悔しないよう、時間をかけて進めていきましょう。

根管治療の流れ
Step1.神経の除去

Step1.神経の除去

根管の中を通っている、神経や血管を除去。その状態で、歯根の長さを測定します。

Step2.根管の清掃

Step2.根管の清掃

根管の内部を丁寧に掃除します。

Step3.消毒

根管の内部を洗い流し、細菌が残らないようしっかりと消毒します。

Step4.薬剤充填

Step4.薬剤充填

すき間ができないよう注意しながら、根管内部に薬剤を流しこみます。

Step5.密封

Step5.密封

薬剤で根管内部を満たした状態で、密封します。

Step6.土台構築

Step6.土台構築

根管治療が必要なほど虫歯が進行した歯は、歯冠部(歯ぐきより上の部分)がほぼ失われているため、そのままでは食べものを噛むことができません。ファイバーコアなどによって土台を埋入し、被せものを装着します。

PICK UP ファイバーコアのメリット

左:ファイバーコア  右:メタルコア

左:ファイバーコア
右:メタルコア

ファイバーコアはグラスファイバーでできた歯の土台です。保険適用外のため、金属のメタルコアに比べ、費用はかかりますが、以下のようなメリットがあります。

  • 天然歯と同じくらいの硬さのため、衝撃を受けた際に破損しにくい
  • しなる性質で柔軟性に優れており、歯の根を傷めにくい
  • メタルフリーなため金属アレルギーのリスクがない
  • 素材の色が白のため、審美性にも優れている

神奈川県大和市|診療予約|よりおかガーデン歯科クリニック

神奈川県大和市|診療予約|よりおかガーデン歯科クリニック

ページの上部に戻る?