子どもを虫歯にさせないために(小児歯科)

子供の歯は、健やかな未来を育む宝物です

子供の歯は、健やかな未来を育む宝物です

乳歯が虫歯になった場合、「どうせ抜ける歯だから」としっかりと治療しない親御様もおりますが、その考え方は大きな間違いです。乳歯の虫歯は口腔内環境や歯並びに、生涯にわたる影響を与えかねません。こちらでは、大和市大和駅徒歩5分の歯医者「よりおかガーデン歯科クリニック」が小児歯科についてご紹介します。

子供の歯を守るのは親の役割です

子供の歯を守るのは親の役割です

健康な口腔内環境は、健やかな体を育む大切な土台です。そしてそれを守るのは、親として果たすべき大事な役割でもあります。乳歯は柔らかいため虫歯になりやすく、一度虫歯になると進行が早いという特徴があります。お子様の健やかな未来を守るために、小さなうちから定期検診を受ける習慣をつけ、予防につとめましょう。

お父様、お母様へのお願い

お父様、お母様へのお願い

お子様が安心して歯科医院に通うには、「歯医者さんはこわいところ」だという悪いイメージを植えつけないことが大切です。必要に応じて麻酔注射をすることもありますが、それには触れず、「歯医者さんは痛い歯を治してくれるところだよ」と笑顔でやさしく教えてあげてください。治療後にはしっかりとほめてあげることも大切です。

永久歯の歯並びは、乳歯のときに決まると言われています。小さなころからお口の中を健康に保つことで、美しい口もとになる可能性が高まります。たとえ将来的に矯正治療を受けることになっても、そのために歯を抜くリスクを軽減でき、痛みや治療期間の負担を少なくできます。お子様の正しい成長をうながすためにも、ぜひ小児歯科をご利用ください。

母乳のすすめ

母乳のすすめ

母乳は栄養学や免疫学の観点から優れているといわれ、授乳によって親子のスキンシップもはかれます。乳児のうちは、できる限り母乳を与えてあげましょう。ただし授乳期間中はブラッシングができないまま、お子様が寝てしまうこともよくあります。虫歯をつくらないために、お菓子や市販の飲料は控えるようにしましょう。

6歳臼歯を守ろう

6歳臼歯を守ろう

5、6歳になると乳歯の一番奥歯よりさらに奥に、「6歳臼歯」と呼ばれる永久歯が生えてきます。この歯は大きくて噛む力がもっとも強く、噛みあわせの基点ともなる重要な歯です。しかし、虫歯に大変かかりやすく、失ってしまうことが多いのも事実です。

生えてきたばかりの歯はまだ柔らかく、虫歯菌に冒されやすい状態。さらに6歳臼歯は見えにくい位置に生えるので、その存在自体気づかないことが多く、ブラッシングでもなかなかいき届きません。噛みあわせの面の溝が細く入り組んでいて、汚れが入りこみやすく取れにくいという特徴もあります。

大切な6歳臼歯を守るためにお子様のお口の中を小まめにチェックし、仕上げみがきを続けてあげましょう。汚れが入りこまないよう溝をあらかじめふさぐ、「シーラント」という予防処置がおすすめです。

お子様の歯を守るために

子供の乳歯はまだ柔らかく、虫歯になりやすい歯です。子供の歯を虫歯から守り、しっかりと成長させるためには、以下の対策がおすすめです。

シュガーコントロールとプラークコントロール

シュガーコントロールとプラークコントロール

虫歯菌は糖を栄養として取りこんで酸を排出し歯を溶かします。つまり菌の栄養となる糖分をコントロールすれば、虫歯は予防できるのです。

代表的な糖分は、砂糖、果糖、ブドウ糖の3種類。食事の回数を増やすとお口の中が酸性になる時間が長くなり、虫歯のリスクが高まります。朝、昼、晩の食事以外で摂取する糖分を減らすことが大切です。

予防には虫歯菌など細菌のかたまりである、プラーク(歯垢)を取りのぞくことも大切です。就寝前に加え、食前や食後のブラッシングを習慣づけ、しっかりと虫歯を予防しましょう。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には歯や骨を丈夫にする作用があり、虫歯予防に効果があります。しかし、毎日の食事から摂取するだけでは、虫歯を防ぐのに充分な量とは言えません。

そこで歯科医院では、フッ素を歯の表面に塗って歯質の強化をはかります。再石灰化がうながされ、虫歯菌のだす酸に溶けにくい強い歯にすることで、虫歯の予防効果が期待できます。

シーラント

シーラント

奥歯の溝の形は複雑で、食べかすなどがつまりやすく、一度入りこむとなかなか取れません。毎日きちんとみがいているつもりでも、みがき残しがでて、そこから虫歯になってしまうこともよくあります。それを防ぐのが、「シーラント」という予防処置です。

奥歯の溝にあらかじめレジン(歯科用樹脂)を埋めこむことで、汚れが入りこむことを防ぎ、ブラッシングしやすい状態をつくりだします。シーラントは時間がたつとすり減っていくため、定期的に処置を受けましょう。

サホライド

「サホライド」とは、フッ素と銀を含んだフッ化ジアミン銀の溶液です。虫歯に直接塗ることで、銀の殺菌効果で進行を抑制します。歯の色が黒く着色してしまうことが欠点ですが、知覚過敏の抑制効果もあり、歯を削って治すことに不慣れなお子様にもおすすめです。乳歯が生えかわりの時期を迎えるまで、虫歯の進行を止めるときによく用いられます。

ただし一度塗ったからといって、虫歯の進行が完全に止まるわけではありません。毎日のブラッシングを続けながら、歯科医院の定期検診で状態を小まめにチェックしましょう。

キシリトール

キシリトール

「キシリトール」は白樺や樫の木などの原料からつくられる天然の甘味料。虫歯の原因となる酸をつくらず、プラークを増やすこともありません。そして、再石灰化を助けるという効果があり、虫歯予防に大きな効果をもたらします。糖アルコールと呼ばれる炭水化物の一種で、お砂糖と同じくらいの甘さがありますが、カロリーはお砂糖の約75%。糖尿病の方でも安心して摂取していただけます。当院の受付にもキシリトールを含むガムなどを置いていますので、興味がある方はお気軽に声をかけて下さい。

キシリトールの5つの効果

PICK UP!! キシリトールを摂取するとどうして虫歯になりにくいのか

PICK UP!! キシリトールを摂取するとどうして虫歯になりにくいのか

口腔内のミュータンス菌は、糖をエサにしてプラーク(歯垢)や酸をつくり出します。しかし、キシリトールはミュータンス菌のエサにはならず、栄養にならないキシリトールを取り込み続けることで活動が弱まります。そして、最終的には数を減らすことになるのです。

乳歯を守るおやつの与え方

乳歯を守るおやつの与え方

おやつは一回の量よりも、回数を減らすことが大切です。回数が増えるとお口の中が酸性になる時間が長くなり、虫歯のリスクが高まるためです。また、市販のお菓子や飲料には、虫歯菌の好む糖分がたっぷり含まれています。おやつの種類を糖分の少ない食べものにしたり、キシリトール入りのものにしたりするといった工夫も大切です。また、食後は忘れずにブラッシングしましょう。

キッズスペースをご用意

キッズスペースをご用意

当院では子供がのびのびと遊べる広さのキッズスペースをご用意しております。受付から目が届く場所にあり、様子をのぞけるユニットもご用意しておりますので、小さなお子様連れのお父様、お母様も安心してご来院ください。

治療後のごほうびも用意しています

治療後のごほうびも用意しています

治療が終わった子にはご褒美を用意しています。

定期検診を受けましょう

定期検診を受けましょう

定期検診はお子様の口腔内環境をよりよい状態に導くとともに、お父様やお母様が日ごろ抱いているさまざまな疑問や不安にお答えできる機会です。虫歯や歯並びなどの異常を早期に発見することで、影響を最小限にとどめることができます。

お子様の成長にあわせ、年齢や月齢にあった情報をご提供することも可能です。お子様の大切な歯を守るために、定期検診を受ける習慣をつけましょう。

お子様の歯に必要な仕上げみがき

お子様の歯に必要な仕上げみがき

お口のトラブルを予防するには、毎日の正しいブラッシングが何より大切です。当院では患者様一人ひとりのお口の状況にあわせたブラッシング方法を指導いたします。ただ、小さなお子様だけでは、充分なブラッシングすることはできません。お子様がみがいたあとに親御様が必ず、仕上げみがきをしてあげましょう。

歯並びが気になりはじめたら

歯並びが気になりはじめたら

顎が細く小さい子が増えてきています。遺伝的な要因に加え、顎の成長が充分でないことが原因とみられています。顎が小さいと永久歯が生えそろうためのスペースが足りず、歯並びや噛み合わせが悪化。過剰歯や欠如歯、形態異常といった歯の異常を引き起こします。

この傾向は今後も増すとみられており、子供の矯正治療の必要性は今後も高まっていくでしょう。矯正治療は顎や歯の発達段階ではじめるのがベスト。ただしそれぞれのお子様によって、最適な治療開始時期は異なります。子供の成長を見守りながら、適切な時期に治療を開始し、効率的に治療をすすめましょう。

神奈川県大和市|診療予約|よりおかガーデン歯科クリニック

ページの上部に戻る?